動画

福島ぽかぽかプロジェクトが始まったわけ(動画)

ぽかぽかプロジェクトのPR番組です。

「除染がはじまって効果があがるまで、せめて子どもたちを一時避難させて」

こんな切実な声にこたえて、2012年1月~3月、「わたり土湯ぽかぽかプロジェクト」を実施、渡利の親子や妊婦さんに線量の低い土湯温泉での短期保養を支援しました。全国の皆さんからのご寄付のおかげで、延べ1600人以上にご利用いただきました。

消えない放射能 最悪事故が残す汚染の実態(1)

TBS系列 2012年9月放映

事故から1年半。あの時、大量の放射性物質が降下し、50年帰ることの出来ない場所を生んだ。今なお消えぬ放射能の実態と原発事故がもたらした人々の不信と分断を伝える。

76.96μSv/h 福島市渡利 阿武隈川への排水路泥 201206 川で何がおきているのか

暑い季節が近づいてきます。

ただでさえ、盆地特有の猛烈な気温となる福島市。

河原に近づく人がいないとも限りません。

それにしても、これほどの数値が中心部で計測され、立ち入り禁止に制限されているわけでもない状況に驚きます。

あらためて私たちはその現実を認識しなくてはならないかもしれません。2012.6

セーブわたりキッズ代表が出演しています。福島最前線からの報告書

放射能の中で生きる子ども 福島最前線

福島市渡利の苦悩

2011.10.5 市への要望書提出

報道ステーション

10月28日政府交渉①~⑥