福島市の市民意識調査の結果 朝日新聞掲載記事

この結果、どう見ますか?

2012.9.15

先見えぬ不安と負担と「母子避難朝日新聞アンケート」

記事は、ダウンロードしてお読みください。

朝日新聞2012.8.4一面記事
asahi120804.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 636.1 KB
朝日新聞2012.8.4つづきの記事
2012080402asahi.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 625.9 KB

朝日新聞福島版 「放射能避け夏休み」掲載記事

先日行われた説明会&相談会の模様です。

全国から支援団体が、保養、長期滞在などの受け入れのため、二本松、伊達市に集結しました。大変な盛況だったようですね。あらためて、子どもを抱える親たちの苦悩が続いていることがわかります。

記事を読む場合はダウンロードしてください。
2012.6.4 新聞記事PDF
CCI20120605_00001.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 474.2 KB

朝日新聞福島版 ぽかぽかプロジェクト掲載記事

2012.5.9掲載
2012.5.9掲載
PDFファイルのダウンロード
記事を読む場合は「ダウンロード」をクリック。開くか保存を選びお読みください。
DSC_0063.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 187.3 KB

4月7日に行われた福島市渡利地区の弁天山(標高143メートル)で除染作業が行われたという記事です。

4月7日に行われた弁天山除染作業についての記事
PDFファイルをダウンロードして記事を読むことができます。
k_id=070000012040800.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 95.5 KB

本格除染大幅に遅れ

大波・渡利地区 住民同意得られず

朝日新聞 3.28 福島版
記事をダウンロードする場合はこちらから。
CCI20120328_00000.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 166.1 KB

境遇の違いが人間関係破壊 ペンクラブが福島訪問

3月9日(金)日本ペンクラブ 浅田次郎さんほかが福島市に視察にこられました。

菅野代表のコメントも掲載されています。

(朝日新聞3月13日掲載記事)

朝日新聞 2012年3月12日掲載記事
記事のダウンロードはこちらから。
CCI20120314_00000.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 65.2 KB

 

●賠償に一歩前進!

 

原発 地元とどまった人にも賠償へ NHKニュース
 
 
 
11月10日 21時58分
 
東京電力福島第一原子力発電所の事故の損害賠償について、国の審査会は、避難区域以外でも自主的な避難を賠償の対象と認める地域では、避難した人に加えて地元にとどまった人の精神的な苦痛も賠償の対象と認めることで合意しました。
 
 
福島第一原発の事故で、国の審査会は、避難区域以外から自主的に避難した人の損害について、ことし9月の会合で賠償の対象と認める方向で合意しましたが、同じ地域で健康上の理由などでとどまった人を賠償の対象とするかは決めていませんでした。10日、開かれた審査会では、委員から、「放射線量が避難区域より低くても、自主的に避難する人がいるなかで、地元に残った人が健康への影響に不安を抱くことは理解できる」とか、「避難した人には、避難先での生活費の増加があるが、残った人にも不安の継続があることを考えるとともに賠償を認めるべきだ」という意見が相次ぎました。議論の結果、自主的な避難を賠償の対象と認める地域では、とどまった人の精神的苦痛も、賠償の対象と認めることで合意しました。また、自主的に避難した人と、とどまった人の賠償額に大きな差を設けない方針も確認しましたが、どの市町村を対象にするのかは、結論が出ませんでした。審査会の会長を務める学習院大学の能見善久教授は、「子どもや妊婦のいる家庭をどう考えるのかなど、詰めるべき点はあるが、今月中には結論を出したい」と話しました。
 
 
以上です。